top of page

歴史的建造物で学ぶ市民歴史講座「寺子屋吉岡」                                                    <木下と霞ヶ浦水運・講座Ⅲ> 開催しました。

市民歴史講座「寺子屋吉岡」第三回は、土浦市立博物館学芸員 西口正隆氏を講師にお招きし<江戸時代の霞ヶ浦水運~土浦を中心に~>をテーマに講義いただきました。古代より利用されていた霞ヶ浦の水運は、江戸幕府による「河岸吟味」により年貢米輸送の拠点としての「河岸」の存在が認められ、米以外の様々な物資が盛んに流通するようになった様子を歴史資料に基づいて詳細に解説いただきました。





閲覧数:13回0件のコメント

コメント


bottom of page